セコムの食TOP > こだわり倶楽部 > 河野さんのさつま揚げ
こだわり倶楽部
こだわり倶楽部トップへ
素材からこだわって、丁寧に作り上げた添加物なしのさつま揚げ
河野さんのさつま揚げ
鹿児島県山川町
河野宣弘/良子 さん
鹿児島を代表する味、さつま揚げ
 魚をすり身にして野菜や調味料を加えて揚げたさつま揚げ。そのルーツは琉球から伝わったとも、稀代の薩摩藩主であった島津斉彬が作らせたともいわれる、鹿児島の食卓に馴染み深い食べものだ。県内に数多くあるさつま揚げ店は、それぞれに独自の個性を追求しながら切磋琢磨を続けている。カワノすり身店も、そのなかの一軒だ。
素直さと実直さが導いた、二人三脚の味
 河野良子さんが、店を始めたのは約25年前。当初は商売というより、主婦業の合間にすり身を作り、ご近所に分ける程度であった。それが徐々に評判となり他県からも声がかかるようになった頃から、本格的に商品として量産し積極的に販売もするようになった。漁師であった夫の宣弘さんは、この時期に良子さんと共に店に入り、夫妻での二人三脚が始まった。二人とも良いものならいくらでも吸収したいという姿勢でいたせいであろう、夫妻の周辺にはいろんなアドバイスをしてくれる人が現れた。

 さつま揚げを作る際に品質を左右する油の情報を得たのは河野さんのさつま揚げ作りの大きな転機になったという。当初使用していたのは大豆油。それを菜種油に変えた。さらに、いろいろな菜種油を試すうち、この店のさつま揚げに合うようにと、特注で菜種油を作ってくれる製油メーカーが現れた。すり身の練り加減や成型した時点での大きさや水分量などに合わせて菜種の煎り方や絞り具合を細かく調整してくれたのだ。遠くまで出向いてよい商品を作りたいと説明した、河野さんの真摯な姿勢が伝わった結果だった。すり身に練り込む野菜や調味料についても多くのアドバイスを得た。本当に良質なものを作ろうとしたとき、添加物は必ずしも必要ではないこと、野菜についても、農薬や化学肥料などに頼らずに育てたものを多く使用するようになった。努力して、しかしそれを苦労と思わず、美味しいものが出来たときの楽しみに変える。「小さい店やけん、出来ることもある」。宣弘さんは、南国育ちならではのプラス思考で明るく笑う。
一枚に込められた25年の思い
 この店のすり身のベースとなるのは、シイラという大魚。淡白な味わいが気に入っていて、そこに近海で獲れた魚などを加えて小骨ごと二度、磨り潰す。販売店舗を構えていない河野さんは注文主の依頼に応じてさつま揚げを作るが、すり身に混ぜ込む野菜などは手作業で皮をむいたり削いだりして、家庭的な匂いがする。サツマイモや豆入りのさつま揚げは、手で成型し特注の菜種油にゆっくりとくぐらせ、揚げ終わったら一枚ずつペーパーで油を拭き取っていく。揚げたてのさつま揚げは、しっかりと歯ごたえがあり甘みが舌に馴染む。気負わず衒わず、生真面目に作り続けることの大切さを実感した25年が作った一枚には、夫妻の思いが込められている。
河野さんのさつま揚げ01
サツマイモ天は手で成形して揚げる。
河野さんのさつま揚げ02
使用する野菜は旬を意識したものが多い。
河野さんのさつま揚げ03
家庭的で丁寧な下ごしらえが味を支える。
河野さんのさつま揚げ04
河野さん夫妻
「さつま揚げを食べるのは日課」と河野さん夫妻。
商品詳細ページへ
河野さんのさつま揚げ 春10個セット
河野さんのさつま揚げ 春28個セット
・河野さんのさつま揚げ 夏12個セット
・河野さんのさつま揚げ 夏33個セット
・河野さんのさつま揚げ 秋11個セット
・河野さんのさつま揚げ 秋30個セット
・現在販売しておりません
・現在販売しておりません
こだわり倶楽部トップへ
セコムの食 セコムの食では、皆様に安心して召し上がって頂くためにスタッフが現地まで足を運び吟味し、生産者の方々の思いまでも、大切にお届けしています。
メールマガジン
「セコムの食」人気投票結果発表!
マンスリープレゼント
選べるギフト
人気定番商品
「セコムの食」オリジナル商品
お試しセット
梅特集
カスタマーセンタースタッフがオススメする逸品!
ポイントアップキャンペーン
お米特集
先月の売れているランキング
1位 選べるギフト 旨 選べるギフト 旨
2位 洋食の福袋 洋食の福袋
3位 手造り餃子 (肉・野菜)72個 手造り餃子 (肉・野菜)72個
4位 柑乃雫 Lサイズ 3個 柑乃雫 Lサイズ 3個
5位 佐藤錦 バラ詰め 1kg 佐藤錦 バラ詰め 1kg
6位 海老のチリソース炒め 1パック 【マイセレクト便】 海老のチリソース炒め 1パック 【マイセレクト便】
7位 紅てまり バラ詰め 600g 紅てまり バラ詰め 600g

カタログ