セコムの食TOP > 取材日記2001年 > カボス

こだわりの食を求めて 取材日記

2001/10/26 カボス

「雨が降ったら、搾りませんから・・・。」と言われて、さんざん日程を調整したのに朝の天気予報では、大分は終日雨!そ、、、そんなぁ〜。だけど、負けないもんねー。わたしが取材を始める頃には、ゼーッタイに晴れる!と自分の運を信じていざ空港へGO。すると大分市内に入ったとたん、お約束のように雲の隙間から太陽が。へへっ、あたしったらいつでもどこでも晴れ女。おてんとうさま、ありがと!

今回の取材はカボスと、それを使ったポン酢。もっちろん、そんじょそこらのカボスではありませんよ。曽祖父の代から、カボス一筋80有余年という、板井さんの軒先では、今がカボス搾りの追い込み時期。ご近所のおばちゃんたちもお手伝いして、きゅっきゅ、きゅっきゅと一個一個、カボスを搾っていました。おぉ、芳しい! 柑橘系のさわやかな香りが、辺り一面に広がってなんだか、高原の少女にでもバケた気分だわ。 (^.^)

ここで作られる元酢(搾り液)には近隣で採れた露地栽培のカボスを使いますが、種の苦味や皮の雑味で味が濁らないように、ひとつひとつ手間をかけながら搾っていくのでとても上品。搾ったあとの果実を見ると、まだまだギューっと搾れそうだけど、この贅沢さが、重要なポイントなのね。

だって、この元酢は水で少し薄めるだけで、すっきりと美味しいジュースにもなっちゃうほどの極上品なんだもん。今、わたしそれを飲んでるんですけど、すっきりしてておいしい。 (^.^) でもでも、あたくしとしては、このなかに焼酎をポコポコッと注いだほうが、100倍好きだけど。

また、この元酢を使って作るポン酢は、地元の醤油を2種類ブレンドしたものと大量の昆布や鰹節を加えたコクのある味。高級料亭御用達のポン酢って、さすが違うわね。ホントに少量生産なので、お値打ちがあります。 p(^^)q

知左都酢

取材時の写真

取材時の写真

取材時の写真
取材日記TOPへ
前の回へ 次の回へ
この取材日記は、メールマガジンに掲載されたものを再編集したものです。
メールマガジンの登録はこちらから
人気定番商品
「セコムの食」オリジナル商品
カスタマーセンタースタッフがオススメする逸品!
ポイントアップキャンペーン
先月の売れているランキング
1位 十五穀米 1kg 十五穀米 1kg
2位 手造り餃子 (肉)32個 手造り餃子 (肉)32個
3位 養々麺(きのこ付き) 10食 養々麺(きのこ付き) 10食
4位 藤井シェフのカニグラタン 4個 藤井シェフのカニグラタン 4個
5位 冬の特選福袋 冬の特選福袋
6位 魚助の鯖一本寿し 魚助の鯖一本寿し
7位 ほかほか非常食セット ほかほか非常食セット