セコムの食TOP > 取材日記2001年 > 本場仕込みの点心セット

こだわりの食を求めて 取材日記

2001/11/02 本場仕込みの点心セット

試食会で食べたとき、その美味しさに喜んで、早速取材に行ったのが「本場仕込みの点心セット」です。これを作る点心師の陳中興さんは、まだ台湾に住んでいた15歳の頃からずーーーっと点心を、もうね、ずーーーっと作りつづけているんです。

皮は生地を練って棒状に伸ばしたものを、適当な大きさに切り分けて、中華包丁を使って、トン、パチン、スーッと伸ばすと、見事にきれいな丸い皮に広がるんです。 おぉ、すばらしい。 )^o^( そして、その中に詰める具はエビやホタテなどの魚介類を中心に、いろんなバリエーションがあるけど、どれも、かなりのハイレベル。

でも、それは当然といえば当然。陳さんは数多くの有名ホテル向けに、点心を作る一流の点心師なんです。つまり、ホテルでいただく点心が、自宅で食べられるってことです。届いた点心を、まず袋から出して、蒸し器に入れて蒸すんですが、あ、そうそう、今回は、ご自宅でも型が崩れにくいものを選んでいますから、あまり蒸し器を使わない方でも、大丈夫!

そして、いい感じに蒸しあがったのを食べるんですけど、半透明になった皮は、つるっぷりっとしていて、さすが、さすがやわ。そして次に、中にぎゅーっと詰めた具に到達するんですが、これがまた、エビの旨み、干し貝柱の旨み、椎茸の旨み、その他たくさんの旨みが渾然一体となって、ふくよかな味わいを醸しだしているわけなんですよ〜。なんてジューシーなんでしょ。

6種類のなかには、ふかひれ餃子なるものも入っている割に、お手ごろ価格。(だと担当者は思う)取材のときに、陳さんがあまりに熱心に集中して点心を作っているので「そんなに毎日点心を作って、飽きないですか?」と聞いたんです。そしたら、「全然!」(^.^)「楽しいよ」(^.^)という答えが。う〜ん、極めていくというのは、こういうことを言うのかと感心した次第です。

本場仕込みの点心 24個セット
本場仕込みの点心 36個セット

取材時の写真

取材時の写真

取材時の写真
取材日記TOPへ
次の回へ
この取材日記は、メールマガジンに掲載されたものを再編集したものです。
メールマガジンの登録はこちらから
人気定番商品
「セコムの食」オリジナル商品
カスタマーセンタースタッフがオススメする逸品!
ポイントアップキャンペーン
先月の売れているランキング
1位 十五穀米 1kg 十五穀米 1kg
2位 手造り餃子 (肉)32個 手造り餃子 (肉)32個
3位 養々麺(きのこ付き) 10食 養々麺(きのこ付き) 10食
4位 藤井シェフのカニグラタン 4個 藤井シェフのカニグラタン 4個
5位 冬の特選福袋 冬の特選福袋
6位 魚助の鯖一本寿し 魚助の鯖一本寿し
7位 ほかほか非常食セット ほかほか非常食セット