セコムの食TOP > 取材日記2002年 > 八海山の八色すいか <その1>

こだわりの食を求めて 取材日記

2002/07/19 八海山の八色すいか その1

その昔、川島なおみさんは、「私の血は赤ワインでできている」と言ってるけど、彼女のみならず、ワイン好きの人は同じようなことを感じていると思うんです。もちろん、わたしも。だけど、夏を間近に控えた時期からは、わたしの血は「ワイン」から違うものへと製造現場(?)を変えてしまうんですねぇ。

それは、何を隠そう『すいか』。わたしって、なんて庶民的なんでしょ。八百屋さんにすいかが並び始めると「おっ、今年もきたか!」と早速、冷蔵庫の整理を始め、庫内の中央に大玉ひとつがすっぽり納まるくらいのスペースを空けて、すいかに鎮座していただくんです。前に流行った「低インシュリンダイエット」で、GI値が高いと書かれていたときには、いかにしてこの夏を越したらいいものかと、思いあぐねていたけれど、あの緑の縞模様を見てしまうとねぇ、食べ物の誘惑に勝てるほど、強靭な精神は持ち合わせていないのよね。この、どこをどう割っても紛れもなく「すいか娘」のわたしが、人生のなかで一番感動したのが、このすいかなんです。

すいかにしてはややお高めながらも、年に一度っきり!それもこの時期にしか食べられないし、必ずやあなたの「すいか歴」にさん然と輝く記録として残るはず。いや、間違いない。わたしに子供がいたら、ぜったいに食べさせたいっすねぇ。甘いんです!と〜っても!確かに、八百屋さんで売っているすいかも甘いのあるし、日本一有名な高級フルーツショップのすいかも美味しい。しかしながら、真ん中だけでなく、あんなに皮に近いところまで、いや、皮に触れているところまで甘いなんていうのは、どうでしょう、めったにお目にかかれませんて。

はじめて試食したときには、あまりに感動してしまい、6Kgの大玉のおそらく2/3はわたしの胃袋におさまってしまったような記憶が。もちろん、群を抜いて美味しい食べ物に理由がないわけがない!

つづく。

〈取材・文 猪口由美〉
八海山の八色すいか 5kg
八海山の八色すいか 6kg

取材時の写真

取材時の写真

取材日記TOPへ
前の回へ 次の回へ
この取材日記は、メールマガジンに掲載されたものを再編集したものです。
メールマガジンの登録はこちらから
メールマガジン
「セコムの食」人気投票結果発表!
マンスリープレゼント
選べるギフト
人気定番商品
「セコムの食」オリジナル商品
お試しセット
梅特集
カスタマーセンタースタッフがオススメする逸品!
ポイントアップキャンペーン
お米特集
先月の売れているランキング
1位 選べるギフト 旨 選べるギフト 旨
2位 選べるギフト 彩 選べるギフト 彩
3位 選べるギフト 極 選べるギフト 極
4位 鴨ロース 2袋 鴨ロース 2袋
5位 ピーカンナッツのヒット!なお菓子 50g×4袋 ピーカンナッツのヒット!なお菓子 50g×4袋
6位 養々麺(きのこ付き) 10食 養々麺(きのこ付き) 10食
7位 大玉 ラ・フランス 3kg 大玉 ラ・フランス 3kg

カタログ