セコムの食TOP > 取材日記2002年 > 八海山の八色すいか <その2>

こだわりの食を求めて 取材日記

2002/07/26 八海山の八色すいか その2

すいか。すいか。すいかの産地といえば、熊本とか千葉などが有名ですが、ここに登場するのは、新潟・魚沼産のすいかなんです。

それは、とある夏のこと。大嫌いな新幹線に乗って、乗り過ごさないよう緊張しながらも八海山の麓にある駅に到着。農作業の合間に迎えに来てくれたのは、農業をこよなく愛するご家族の大黒柱、飯塚さん。日焼けした顔におおらかな年季を感じて、なんだか安心してしまうわ。軽トラックの助手席に乗りこんで、すいかが待っている畑に向かう間にも、飯塚さんとの雑談からすいかについての思い入れを、取材、取材。まずは土作りから、ということで、飯塚さんの自宅の裏では大量の堆肥を発酵させていて、完全に発酵したものを畑に撒くことから始めているんです。

それというのも、農業をはじめて間もない頃、農薬を扱う手が腫れてとても大変な思いをしたんだそうです。それで、そんなものに頼ってはいけないのではないか。そんないきさつから、化学肥料を使わず、ホントに必要最低限の農薬で30年以上美味しい作物を作りつづけているんです。

土作り以外にも、すいかの花が咲いたときに、確実に受粉させるよう何千匹というミツバチを飼っていたり、実がつき始めてからは、一玉一玉に甘みが集中するように間引きを行なったり、たっぷり太陽を浴びるようつたや葉の位置を整えてあげたり、それはそれは手間をかけているんです。広大な畑のなかのすいかの一玉一玉に気を配るのは、それはそれは大変なこと。だけど、飯塚さんの農業人としてのプライドが毎年甘〜い甘〜いすいかをわたしたちに届けつづけてくれているんですね。

そして、今日「今年収獲したばかりのすいか」が飯塚さんからわたしたちスタッフの元に届いたんです。それを切り分けるのは、もちろんわたしの仕事。まずは、指で弾いて中の”ハリ”を確かめると、なかで振動が波打つような音がして、うぅぅ、今年もやってくれたなぁと思わずニッコリ。そして、中心に包丁の先を当てて、そのまま力をいれてざっくりとすいかを割ると、ザザザっというはじけるような音とともに、すいかならではの、気取りのない甘い香りがぱぁ〜っと広がって、来た、来た、来た!すいか娘の血が騒ぐのよぅ。切り分けた中でも、一番大きなすいかを手にとって、そのままパクッ!瑞々しいシャリっとした歯ざわりを楽しんだあとには、感動的な甘みがわたしを包んでしまいました。(^O^)

※この商品の本年の受付は終了いたしました。
八海山の八色すいか 5kg
八海山の八色すいか 6kg

取材時の写真

取材時の写真

取材時の写真

取材時の写真
取材日記TOPへ
前の回へ
この取材日記は、メールマガジンに掲載されたものを再編集したものです。
メールマガジンの登録はこちらから
マンスリープレゼント
選べるギフト
人気定番商品
「セコムの食」オリジナル商品
カスタマーセンタースタッフがオススメする逸品!
ポイントアップキャンペーン
先月の売れているランキング
1位 選べるギフト 彩 選べるギフト 彩
2位 木守柿 10個 木守柿 10個
3位 【早期予約特典付き】「安曇野厨房」中華おせち (2〜3人前) 【早期予約特典付き】「安曇野厨房」中華おせち (2〜3人前)
4位 旬の手作りおかずセット 【お試しセット】 5食分 1回お届け 旬の手作りおかずセット 【お試しセット】 5食分 1回お届け
5位 養々麺(きのこ付き) 10食 養々麺(きのこ付き) 10食
6位 「サラマンジェフ」の洋風おせち 二段重(3〜4人前) 「サラマンジェフ」の洋風おせち 二段重(3〜4人前)
7位 明石だこのやわらか煮 1袋 【マイセレクト便】 明石だこのやわらか煮 1袋 【マイセレクト便】

カタログ