セコムの食TOP > 取材日記2002年 > 小西名人の古式手技うどん<その1>

こだわりの食を求めて 取材日記

2002/09/06 小西名人の古式手技うどん<その1>

9月某日。しーん、静まり返る海。すれ違う車は1台もなくって、この島で起きているのはわたしたちだけかも、と思うほどマコトに静か。空を見上げれば、降ってきそうな星と下弦の月が、「朝早くからご苦労だね」と言ってくれているかのよう。ありがとう、頑張るよ。だって今日は1年半ぶりの再会なんだもんね。

ここは瀬戸内に浮かぶ小豆島。小豆島といえば、そう、長年「セコムの食」をご愛顧いただいている方はもうお分かりですよね。うちの看板商品のひとつ「小西さんの手技うどん/素麺」を19号の特集記事としてご紹介するための取材で、早朝からディレクターとカメラマンを引き連れて、小西さんの製麺所にお邪魔しているところなんです。

挨拶をして製麺所に入ると、あ、ちょうど生地をこねているところね。小西さんいわく、この「こね作業」こそがその日の麺の出来を決定付けるといっても過言ではないほど重要な作業なんですって。小麦と水、それに塩をその日の天候や湿度などに合わせてミキシング機の中で練り合わせていくんですけどね、練り始めてから30分すぎたくらいのときに、ある一瞬だけ小麦と水と塩がバチッと合わさるときがあるんだそうです。生地に触れながら、その瞬間をバシッと掴むことが出来るまでには、5年もかかったって言うんだからスゴイもんです。

へぇ〜、素人のわたしにはそのタイミングはわかるはずもないけど、それでもどんな感触なのか聞いてみると、練り始めの頃は、どこか手に吸い付いてくる感じなんだけど、ある数分間だけは生地を触ると手のひらからパタリと離れる瞬間があるとのこと。そしてその数分間をすぎると今度は生地がまた表情を変えてしまうんだって。わたしも生地を触らせてもらったけど、、、、凡人には判別不能でした。そして、次はどんどんと生地を延ばしていく作業に入ります。

つづく。

小西名人の古式手技うどん 3束セット(つゆ付き)
小西名人の古式手技うどん8束

<小西さん>のこだわりを余すことなくご紹介

こだわり倶楽部

取材時の写真

取材時の写真

取材時の写真

取材時の写真
取材日記TOPへ
前の回へ 次の回へ
この取材日記は、メールマガジンに掲載されたものを再編集したものです。
メールマガジンの登録はこちらから
マンスリープレゼント
選べるギフト
人気定番商品
「セコムの食」オリジナル商品
カスタマーセンタースタッフがオススメする逸品!
ポイントアップキャンペーン
先月の売れているランキング
1位 選べるギフト 彩 選べるギフト 彩
2位 木守柿 10個 木守柿 10個
3位 【早期予約特典付き】「安曇野厨房」中華おせち (2〜3人前) 【早期予約特典付き】「安曇野厨房」中華おせち (2〜3人前)
4位 旬の手作りおかずセット 【お試しセット】 5食分 1回お届け 旬の手作りおかずセット 【お試しセット】 5食分 1回お届け
5位 養々麺(きのこ付き) 10食 養々麺(きのこ付き) 10食
6位 「サラマンジェフ」の洋風おせち 二段重(3〜4人前) 「サラマンジェフ」の洋風おせち 二段重(3〜4人前)
7位 明石だこのやわらか煮 1袋 【マイセレクト便】 明石だこのやわらか煮 1袋 【マイセレクト便】

カタログ