セコムの食TOP > 取材日記2005年 > 牡蠣しゃぶ鍋<その1>

こだわりの食を求めて 取材日記

2005/12/16 牡蠣しゃぶ鍋 その1

最近はオイスターバーができたおかげで、ありがたいことに年中食べられるようになってきたけれど、でもやっぱり日本人が最も牡蠣を食べたくなるのは、冬の時期。

だって、日本の牡蠣が美味しいのは、総じて冬なんだもん。寒くなってくるのと同時に、身体が牡蠣を欲するのは条件反射、そう、”パブロフの犬”状態。

よく「牡蠣にアタッて以降、牡蠣が食べられなくなりました」という話を聞きますが、でも、それはとーってももったいない話。

わたしだって牡蠣にアタッたことあるし、その時の苦痛たるやいまでも記憶に生々しく残っているけれど、翌々日には、また牡蠣を食べてたもん。

だって美味しいのがわかってるうえに、もともと好物なんだもん。一度や二度、アタッたくらいで、食べるのを諦められるもんですか!ねぇ?

だけど、いくら牡蠣が美味しい時期とはいえ、産地や生産者によって、味も形も美味しさだって、実はぜーんぜん違うんですよね。それを、ことごとく実感させてくれたのが、この牡蠣。

あのね、小さいんです、この牡蠣。それまで一貫して大粒牡蠣を好んでいたわたしにしてみると、最初は正直、視覚的興味が湧かなかったんです。

しかしながら、一粒食べてみてびっくり!目からウロコ。なにしろ、旨みがつまっているの。

表面はつるんと絹のような舌触りで、濃厚なのに味に品があるから旨みがべたっと舌にくっつかないし、身はぎゅーっと引き締まっていてミルキーで、シャンパンが飲みたくなるほどミネラリー。

あーぁ、またわたしの舌が贅沢になっちゃった!どうしてくれるのかしら? どうしたらいいのかしら?一体何が、無類の牡蠣好きのわたしの心を捉えたのかしら?こうなりゃ、しょうがないわね。行くしかないわ。現地に。

美味しいものがわたしに「おいで!」っていうんだもん、無視するわけにゃぁいかないわ。

ところがここで、強力なライバルが出現。実は上司のヨシダさんも、わたし同様牡蠣が大好きで、もちろんこの牡蠣が気に入った様子。

で、なんとなく探りを入れてみると、案の定、この取材に興味津々の津々のシン。

んー、ここは部下としてはヨシダさんに取材の権利を譲るべきか、でも、原稿を書くのはわたしなんだし、商品を見つけてきたのもわたしなんだから、わたしが行くのが定石。

けれど、ヨシダさんはセコム約3万人の社員のなかでも、5本の指に入るほど理想的な上司。こんな破天荒なわたしの上司を何年も続けられているっていう事実だけでも、その器の大きさがわかるってもん。

しょうがない、今回は譲ろう。

そして、わたしはこの牡蠣の生産者である三保さんと連絡を取り、詳細なスケジュールの調整まで、珍しく気を利かせてやったあとヨシダさんに、牡蠣の取材を担当してくれるように依頼しました。

いの「ヨシダさん、今回の牡蠣の取材をね、ヨシダさんにお願いしようと思うんだけど、いいですか?」

ヨシダ『え?いいの?先方と予定が合えば(もちろん)OKだよ』

いの「じゃお願いしますね。えーっと、広島駅で生産者と○時に待ち合わせして、それから生産者所有の船で1時間くらい広島湾を移動して、島に渡ったあと養殖場を取材して、、、」

ヨシダ『あ。』

いの「え?」

ヨシダ『ダメだ』

いの「なんで?」

ヨシダ『船、ダメなんだ』

いの「大丈夫ですよ、瀬戸内海はだいたい凪ですから」

ヨシダ『そういう問題じゃない。1秒も乗ってられないんだ。間違いなく世間に迷惑をかける』

いの「えっ?そうなんですか?1秒も?じゃぁ、わたしかぁ!」

えっへっへ。 (*^.^*)人にいいことをすると、自分に返ってくるっていうけどこんなにストレートに返ってくるのも、珍しい。

やっぱり牡蠣は、わたしを選んだんだわ。待っててね、牡蠣。すぐに行くからね!

・・・ということで、この牡蠣の生産地である広島へわたしは飛びたったのでありました。

心地よく晴れた日、わたしは飛行機と高速バスを乗り継ぎ、生産者の三保さんと落ち合った後、三保さん所有の立派なクルーザーで約1時間半ほど広島湾をクルージング。

この日の海は太陽光を受けキラキラと光り、凪の水面を走るクルーザーの両端には、白く弾け飛ぶ水しぶき。海風は、頬を颯爽と流れ、海に浮かぶ島々は緑濃く、美しい。

そして行く手に待っているのは、あの美味しい牡蠣!仕事とはいえ、こりゃめったにない贅沢な取材だよねー。そして、見えてきた見えてきた!

あの、遠くに見える島、あれが大黒神島かぁ!わぁ〜。周りに牡蠣の筏がたくさんある!おいしそー!

よ〜し、気合を入れて取材しますよー!

・・・つづく。

〈取材・文 猪口由美〉
牡蠣しゃぶ鍋

取材時の写真
取材日記TOPへ
前の回へ 次の回へ
この取材日記は、メールマガジンに掲載されたものを再編集したものです。
メールマガジンの登録はこちらから
メールマガジン
「セコムの食」人気投票結果発表!
マンスリープレゼント
選べるギフト
人気定番商品
「セコムの食」オリジナル商品
お試しセット
梅特集
カスタマーセンタースタッフがオススメする逸品!
ポイントアップキャンペーン
お米特集
先月の売れているランキング
1位 選べるギフト 旨 選べるギフト 旨
2位 選べるギフト 彩 選べるギフト 彩
3位 選べるギフト 極 選べるギフト 極
4位 鴨ロース 2袋 鴨ロース 2袋
5位 ピーカンナッツのヒット!なお菓子 50g×4袋 ピーカンナッツのヒット!なお菓子 50g×4袋
6位 養々麺(きのこ付き) 10食 養々麺(きのこ付き) 10食
7位 大玉 ラ・フランス 3kg 大玉 ラ・フランス 3kg

カタログ