セコムの食TOP > 取材日記2005年 > 河野さんのさつま揚げ<その1>

こだわりの食を求めて 取材日記

2005/06/24 河野さんのさつま揚げ その1

わたしの場合、年がら年中仕事のことを考えてます。なんていうと、さもカッコいいけど、要は美味しいもののことばかり考えてるんですね。

そしてその思いは、美味しいものたちと共鳴する何かがあるらしく、不思議なくらい美味しいものがわたしの周りに集まってくるんです、、、と勝手に思い込んでいるだけかもしれませんが。


そのひとつが、このさつま揚げ。あるイベント会場で、プラプラしていたらミョーに気になるものが目に止まり、食べてみたら美味しくて、早速、生産者にアポイントを入れてみようということに。


さつま揚げと言えば、鹿児島。電話口に出た生産者は、東京からの突然の電話にちょっと困惑したようで、典型的な鹿児島弁で「とりあえず、話の内容はわかりました。送ってくるカタログを見てみます」ということでした。


まぁ、反応はどこもこんな感じ。だってね、あのセコムがですよ、食品のお取り寄せカタログ作ってます、なぁんて言われても、ピンと来る人なんてそうはいないでしょ?


だから、そういうときには「百聞は一見にしかず」とばかりに、直ぐにカタログを送るんです。しかし、いつもと違ったのはこのあと。わたしが珍しく会社にいて、デスクワークをしていると1階から呼び出し電話が鳴り「いのくちさんってヒト、いますか?」という声が。


わたくしですが、と応えると、そのひとは大きな声で自分の名前を名乗る。は?今日はアポイントは入れてないはずだし、そんな生産者の名前は知らん。しかし、わたしを訪ねてきているのは確かなので、とりあえず1階へ降りてみると、やっぱり知らない人がひとり。


名刺を交換しても建築関係の方のようで、もうさっぱりわからん。すると「あの、ボクんち、鹿児島でさつま揚げを作ってまして、親がいのくちさんってヒトから電話があったけど、怪しくて仕方ないからあんた行って見てきなさいって」。


これでやっと合点がつき、あーなるほどね、と理解したのであります。「一応、間違いないか来ただけなんで、もう帰ります」という息子さんに、せっかく来ていただいたのだからと、「セコムの食」の説明をしたら、その夕刻、鹿児島から電話がありました。


「うちの息子が伺ったそうで、すんません、すんません」とのことで、そして「カタログも今日届きました。是非、こちらからもお願いします!」という回答をいただき、現地に向かうことに。

「鹿児島っちゅうても、うちはホント遠いですけん、申し訳のうして」。大丈夫です、どこへでも行くのが「セコムの食」ですから!


ということで、日程を調整して、いざ、鹿児島へ出発!


つづく。

河野さんのさつま揚げ 春10個セット
河野さんのさつま揚げ 春28個セット
河野さんのさつま揚げ 夏12個セット
河野さんのさつま揚げ 夏33個セット
河野さんのさつま揚げ 秋11個セット
河野さんのさつま揚げ 秋30個セット
現在販売しておりません
現在販売しておりません

取材時の写真

取材時の写真

取材日記TOPへ
前の回へ 次の回へ
この取材日記は、メールマガジンに掲載されたものを再編集したものです。
メールマガジンの登録はこちらから
選べるギフト
人気定番商品
「セコムの食」オリジナル商品
カスタマーセンタースタッフがオススメする逸品!
ポイントアップキャンペーン
先月の売れているランキング
1位 選べるギフト 彩 選べるギフト 彩
2位 鴨ロース 2袋 鴨ロース 2袋
3位 養々麺(きのこ付き) 10食 養々麺(きのこ付き) 10食
4位 冬の特選福袋 冬の特選福袋
5位 いくらの醤油漬け 100g×4パック いくらの醤油漬け 100g×4パック
6位 バウムクーヘン スタンダード(ご自宅用 簡易包装) バウムクーヘン スタンダード(ご自宅用 簡易包装)
7位 養々麺シリーズ食べ比べ 5種 10食セット 養々麺シリーズ食べ比べ 5種 10食セット

カタログ