セコムの食TOP > 取材日記2006年 > 超粗挽きメンチカツ<その1>

こだわりの食を求めて 取材日記

2006/09/22 超粗挽きメンチカツ<その1>

突然ですが、メンチカツって好きですか?

とんかつよりも庶民的で、揚げたてを手割りするとなかからジューシーな肉汁が出てきて、あ〜美味しそう〜。
火傷しそうになるのがわかっていても、パクッて思い切り頬張りたくなる、あの魅力的なメンチカツ。

でも、庶民的で魅力的な美味しさだからこそ、そんじょそこらの美味しさであれば、皆さんの心は動かせないとそれこそ気合いを入れて、メンチカツを探していたある日のこと。

とある場所の、とある一角に、じゅ〜じゅ〜と音をあげながらホックリと丸いメンチカツを発見。

見かけは、特に面白い感じはないものの、あまりにも美味しそうな音がするので、これはチェックせずにはいられない。

「おじさん、これ一つちょうだい。そのまま食べるからきれいに包まなくてもいいよ」

茶色い紙を軽く巻いて、おじさんから手渡されたメンチカツを持って、
近くのベンチに座り、荷物を横に置いて、さてどんな味かと早速ひとくち食べたところで、驚いた!

う、うまい! なんなんだ、このジューシー&スパイシーは!
衣の厚さも程よく、手で持っても崩れず、かといって硬すぎず。

わたし、すぐさま走る、走る。
そして、おじさんのところに戻って、聞く!!

「おじさん、これって添加物入ってる?」
『いーや、入れとらんよ。無添加よ』

「ホントに? じゃぁ、まだ揚げてないメンチも売って」
『え?ホントは売ってないんだけどなぁ。欲しいならいいけど』
「売って、売って。ついでに美味しい揚げ方も教えて」

こうしてわたしは、冷凍のままのメンチカツを会社に持ち帰り試食会のときに、おじさんから教えてもらった内容を上司のヨシダさん(揚げ物特訓中)に伝えて、おろしたての油で揚げてもらい、ここでまた試食。

う〜ん、プロのおじさんが揚げるんじゃなくて、ヨシダさんでもこれだけ美味しく揚げれるんなら、なぁんの問題もない。

話は逸れますが、わたしはいつもいろんな実験をしています。

「これはうまい!」と思った商品は、毎日少しずつ食べてみて味の変化をチェックしてみたり、量が多いものなら冷凍にも耐えられる商品かどうか、1度冷凍してみて、それでも風味が落ちないか、とか。

納得がいったものだけを紹介するってことは、年中食べてるばかりいるってことなんですね。(^^;

そういう意味でも、このメンチカツは合格点!
早速、生産者であり、あの日にメンチカツを揚げていたおじさんのところに電話をして、アポイント。

するとおじさん、「あ〜、冷凍のままで欲しいっていうお客さんいたねぇ。あのときのねぇ!」と、覚えておいてくれた。
普通は、冷凍では売らないんだそうですが、あまりに勢いよくお願いされて、断れなかったのだとか。 

そして、メンチカツを作っている日に合わせて現地へGO!


それ〜っ! いってきまーす!


・・・・つづく


〈取材・文 猪口由美〉
ハーブ豚の超粗挽きメンチカツ 6個
ハーブ豚の超粗挽きメンチカツ12個
ハーブ豚の超粗挽きメンチカツ18個

取材時の写真

取材時の写真

取材時の写真

取材日記TOPへ
前の回へ 次の回へ
この取材日記は、メールマガジンに掲載されたものを再編集したものです。
メールマガジンの登録はこちらから
メールマガジン
「セコムの食」人気投票結果発表!
マンスリープレゼント
選べるギフト
人気定番商品
「セコムの食」オリジナル商品
お試しセット
梅特集
カスタマーセンタースタッフがオススメする逸品!
ポイントアップキャンペーン
お米特集
先月の売れているランキング
1位 選べるギフト 彩 選べるギフト 彩
2位 選べるギフト 旨 選べるギフト 旨
3位 選べるギフト 極 選べるギフト 極
4位 鴨ロース 2袋 鴨ロース 2袋
5位 ふくどめさんの豚のオリーブオイル漬け ふくどめさんの豚のオリーブオイル漬け
6位 大玉 ラ・フランス 3kg 大玉 ラ・フランス 3kg
7位 信州須坂つたや本店のおやき 5種 10個 信州須坂つたや本店のおやき 5種 10個

カタログ