セコムの食TOP > 取材日記2007年 > 有機完熟まるごと安心きんかん

こだわりの食を求めて 取材日記

2007/02/23 有機完熟まるごと安心きんかん

冬号カタログの撮影のとき。ある撮影スタッフから、衝撃的な質問を受けた。

『このきんかんって、皮をむいて食べるんですか?』

え!そのまま食べるんですよぉ。 そのままパクッと食べて種はあとで出すんですよぉ。

皮も食べるからこそ、この商品については有機栽培を追及したわけじゃないですか! ホントにもう。

そしてその撮影スタッフに「食べてみてください」とひとつ手渡した。

『えっ。甘いですね、これ。柑橘系だからもっと酸っぱいのかと思っていたから、ビックリです』

でしょ!
だって、わたしだってこのきんかんの甘さに、最初びっくりしたんですもん。

そんな会話をしてから数ヵ月後、わたしはこのきんかんの生産者を訪ねて宮崎に向かった。

宮崎空港から車で3時間近く走ったところにある西岡秀記さんの畑は、ハウス栽培できんかんを作っている。

ハウスのなかには、オレンジ色のきんかんが数え切れないほど実っていて、甘くいい香りが広がっている。

西岡さんは、以前は会社員でした。

そのときからツーリングが趣味だったこともあり、全国をバイクでまわっているときに、 何となく宮崎という土地が気に入り、この地で以前からやりたかった農業に就いたんだそうです。

そして、最初は専業農家の手伝いをしたりしていくなかで今のきんかんの畑の元の持ち主に出会い、 その方が宮崎を離れるのを機に、畑を譲ってもらったんです。

有機栽培は、西岡さんに畑を譲ったその農家さんの時代から続けられていて、 肥料は有機系のみ。

有機農法は決して楽ではないけど、子供を持つ親でもある西岡さんにとって、 安心して食べることが出来る果物を育てることは、とても大切なこと。

わたしも現地できんかんを食べさせてもらいましたが、もうね、あまいのですよ〜。 きんかんは「のど飴」になるくらいですから、身体にもきっといいはず。

きんかん好きな方も、初めて食べるという方も、西岡さんのきんかんを食べてみたら、 きっと甘さに驚くと思います。

とーってもおすすめな旬の幸です!

〈取材・文 猪口由美〉
有機完熟きんかん(手詰め)
有機完熟きんかん(バラ詰め)

取材時の写真

取材時の写真

取材時の写真

取材日記TOPへ
前の回へ 次の回へ
この取材日記は、メールマガジンに掲載されたものを再編集したものです。
メールマガジンの登録はこちらから
メールマガジン
「セコムの食」人気投票結果発表!
マンスリープレゼント
選べるギフト
人気定番商品
「セコムの食」オリジナル商品
お試しセット
梅特集
カスタマーセンタースタッフがオススメする逸品!
ポイントアップキャンペーン
お米特集
先月の売れているランキング
1位 選べるギフト 彩 選べるギフト 彩
2位 選べるギフト 旨 選べるギフト 旨
3位 選べるギフト 極 選べるギフト 極
4位 鴨ロース 2袋 鴨ロース 2袋
5位 ふくどめさんの豚のオリーブオイル漬け ふくどめさんの豚のオリーブオイル漬け
6位 大玉 ラ・フランス 3kg 大玉 ラ・フランス 3kg
7位 信州須坂つたや本店のおやき 5種 10個 信州須坂つたや本店のおやき 5種 10個

カタログ