セコムの食TOP > 取材日記2007年 > 天然ナシフグめしの素

こだわりの食を求めて 取材日記

2007/01/19 天然ナシフグめしの素

わたしは福岡で育ちました。土地柄、魚も美味しくて、子供のころからよく「フグ」を食べていたんです。

といっても、子供の頃に食べていたのは、トラフグではなくカナトフグやシロサバフグなどですから、フグとしてのありがたみはゼンゼン違うんですけどね。 そのフグについて、個人的な思い入れだけをいえば、わたしはナシフグが好きなんですよね。

なぜ好きかというとですね、可愛いんですよ〜。

丸っこくて、目がパッチリしていて、そのままぬいぐるみになってもおかしくないほどの可愛さがあって、初めて取材でナシフグをみたときには「これ、ペットにしたい」と思ったほどだったんです。

そう言ったら「あんた、変わりモンやねぇ」と漁師さんに一笑されましたけど、愛想のカケラもないトラフグと 比べると、もうほんとに可愛いんですよ。

ナシフグは、香川県や長崎県など4県でしか水揚げすることができないこともあって、あまり知られていな魚なんですが、実はものすごく旨みが強い魚でもあるんです。

刺身では、さすがにトラフグに劣るものの、火をいれる料理ではトラフグほど硬くならないし味も濃いから、いい勝負だと思うんです。

そしてこの、ナシフグを使った「炊き込みご飯の素」をみつけたときには、もう大喜びして購入し、即、試食しました。

おいしいことを祈りながら、白米にナシフグと調味たれを入れて、炊き上がりを待っていると、お釜からは湯気とともにいい香りがふんわりと広がってきたぞー。

期待、大! 期待、大!
保温ランプが光り、蒸らし終わったところで、お釜を開けお茶碗によそい、さて、どうだ!
おーっ。いいじゃないですか!

白いご飯に白い身だから、決して容姿に派手さはないけれど、ナシフグの美味しさがご飯にしっかりと染みこんでいて、身もほっくりとして、歯ごたえがいい。

早速わたしは、現地を取材するため、一路、四国に向かいました。
現地では、生産者の安岐さんがいろいろ話を聞かせてくれたのですが、実は、安岐さんもわたしと同じくらいナシフグへの思い入れがある方だったので、話はもう盛り上がる一方。

しかしこの日も、例に漏れず日帰り出張であったため、
「何しろ、作業場をみせてください!」

とても清潔な工場の一角では、若い職人さんがナシフグを前にしてわたしを待っていてくれていました。 それから10〜15センチほどのナシフグを捌いて見せてくれたのですが、さすが職人!の包丁捌き。

この炊き込みごはんの素には、3枚におろした身を使っていて、炊き上がったときに身をほぐすので好きな大きさに身を捌いて食べることが出来るんだけど、できればまず、大きめの身をそのまま食べていただきたい。

そうすると、ぎゅっと詰まったナシフグのおいしさがご理解いただけると思うんですよねぇ。

あ〜、なんだかこの文章かいてたら、わたしも食べたくなっちゃった。

3セットのうち、1袋はそのまま、残りの2袋は好みの野菜を一緒に炊き込んで、美味しく食べてあげてくださいね。あ、雑炊にして溶き卵おとしてもいいかも〜。

ナシフグ、ホントに可愛いやつです。

〈取材・文 猪口由美〉
天然ナシフグめしの素

取材時の写真

取材時の写真

取材日記TOPへ
前の回へ 次の回へ
この取材日記は、メールマガジンに掲載されたものを再編集したものです。
メールマガジンの登録はこちらから
メールマガジン
「セコムの食」人気投票結果発表!
マンスリープレゼント
選べるギフト
人気定番商品
「セコムの食」オリジナル商品
お試しセット
梅特集
カスタマーセンタースタッフがオススメする逸品!
ポイントアップキャンペーン
お米特集
先月の売れているランキング
1位 選べるギフト 彩 選べるギフト 彩
2位 選べるギフト 旨 選べるギフト 旨
3位 選べるギフト 極 選べるギフト 極
4位 鴨ロース 2袋 鴨ロース 2袋
5位 大玉 ラ・フランス 3kg 大玉 ラ・フランス 3kg
6位 養々麺(きのこ付き) 10食 養々麺(きのこ付き) 10食
7位 ピーカンナッツのヒット!なお菓子 50g×4袋 ピーカンナッツのヒット!なお菓子 50g×4袋

カタログ