セコムの食TOP > 取材日記2008年 > よろこぶ昆布締め<その2>

こだわりの食を求めて 取材日記

2008/02/22 よろこぶ昆布締め〈その2〉

富山で割烹を営むご主人から、商品のご提案をいただいたのが、約2年ほど前。

商品の昆布締めそのものは、とっても美味しいんだけど、梱包やら量目やらに、ちと問題あり。

それを解決すべく、試作を何度も繰り返してもらい、やっと取材にこぎつけたのが、2007年夏。

飛行機で富山に向かい、レンタカーをピックアップし、海に面した走ること1時間強。

『お昼は是非、うちで食べてくださいね』というお言葉に甘え美味しいランチをいただいたあと、取材をスタート。

ご主人の荒木さんが、昆布締めを作るときに何よりも大切にしているのは、素材の相性。

昆布は、北海道・道南産の真昆布、それも天然ものに限定。いろいろな産地のものを試すなかで、これを選んだ理由は、 旨みの上品さと、風味の高さなのだそう。

天然ものは、高価なうえに、よく見ると所々にウニが食べたで あろう小さな穴が、あいていたりして、ちょっと不恰好。

料理に使うならまだしも、そのまま商品となる昆布に使うのは、珍しいことなのですが、 『味には変えられないですもん』とのこと。

確かに、そうだ。 旨いほうがいいに、決まってる。

魚はカジキのなかでも最高ランクとされる真カジキをチョイス。 もちろん、脂のノリ、身の締りがいいもののみを厳選しています。

そして、この昆布締めの大きな特徴なのが、生姜の使い方。

細切りにした生姜を、魚と昆布の間にいいアンバイに挟むことで、上品な風味がかもし出されているのです。

和食の職人が手がける昆布締めは、こういう気配りが違うのだ!

素材がいいから、お醤油もいらないくらいだし、
一切れ、二切れと、どんどんイケちゃう。

残った昆布は、そのままお醤油をかけて食べても美味しいし煮物にも便利です。 

パッケージもかわいいので、贈り物にも是非どうぞ!

〈取材・文 猪口由美〉
よろこぶ昆布締め 3種セット
よろこぶ昆布締め(真かじき) 2袋セット
よろこぶ昆布締め(真かじき) 3袋セット

取材時の写真

取材時の写真

取材日記TOPへ

前の回へ

次の回へ

この取材日記は、メールマガジンに掲載されたものを再編集したものです。
メールマガジンの登録はこちらから
メールマガジン
「セコムの食」人気投票結果発表!
マンスリープレゼント
選べるギフト
人気定番商品
「セコムの食」オリジナル商品
お試しセット
梅特集
カスタマーセンタースタッフがオススメする逸品!
ポイントアップキャンペーン
お米特集
先月の売れているランキング
1位 選べるギフト 旨 選べるギフト 旨
2位 選べるギフト 彩 選べるギフト 彩
3位 選べるギフト 極 選べるギフト 極
4位 鴨ロース 2袋 鴨ロース 2袋
5位 ピーカンナッツのヒット!なお菓子 50g×4袋 ピーカンナッツのヒット!なお菓子 50g×4袋
6位 養々麺(きのこ付き) 10食 養々麺(きのこ付き) 10食
7位 大玉 ラ・フランス 3kg 大玉 ラ・フランス 3kg

カタログ