セコムの食TOP > 取材日記2008年 > 新城さんの島もずく<その1>

こだわりの食を求めて 取材日記

2008/05/23 新城さんの島もずく〈その1〉

「2008年3月下旬。 島もずくの取材の件で、漁師の新城さんを紹介してくれた方と、話で打ち合わせをしているときのこと。

『あ、それから新城さんからの伝言で、水着を持ってきてください、とのことでしたよ』

「え?水着、、ですか。わたしカナヅチですよ」

『でも、新城さんからの伝言なので、お伝えしておきますよ』

「は、はぁ」

週に2、3回はジムのプールで歩いているので、水着は持っているものの、わたくしこう見えて正真正銘のカナヅチ。

きっと使うことはないだろうと思いながらも、一応はキャリーバッグに水着を入れ、向かったのは沖縄県・石垣島。

半日がかりで石垣島に着いた後、すぐにレンタカーをピックアップ。新城さんの自宅の住所をカーナビに登録し、繁華街とは逆方向の海に向かって車を走らせる。

ちょっとわかりにくい場所ながらも、目的地に到着するとポロシャツと短パンという南国らしい服装で、新城さんが 出迎えてくれた。

新城さんは、子供の頃から漁師、という、まさに海人。一時期、沖縄を離れたものの、今では一年中海に出て魚やイセエビなどを獲っているのです。

「お茶でもどうぞ」とうっちん茶とともに運ばれてきたアオサの天ぷらをつつきながら、新城さんちの軒先で、今年のもずく漁について話を聞くことになりました。

石垣島のもずく漁は、毎年2月中旬ころから少しずつ始まるのだそうですが、今年は天候不順が重なって、もずくが育たず、 3月後半になってもまだ、収穫を控えている状態なんだそう。

『だけど、明日はもずく漁に出る予定にしているから、収穫するところを、見せるからね〜』

「ありがとうございます!で、明日はどのようにしたらいいですか?」

『そうねぇ、ここは石垣島だけど、明日は竹富島に船を 出すから、明日の朝、観光船で竹富島に渡って港で待っててくれる?10分くらいだから〜』

「わかりました」

『水着は、着てきてね。ウエットスーツは、こっちで用意しておくからさ〜』

「え?水着?」

『そうさ〜。聞いてない?水着』

「いや、あの、聞いてますけど、わたしカナヅチですよ」

『大丈夫さ〜、ウエットあるから〜』

本気?!ホントに海に潜るんですか?でも、せっかく船に乗せてくれるっていうのに、「NO」はないよなぁ〜。

それに、いつも前向きな姿勢じゃなきゃ、この仕事やっている意味もないしなぁ。

よし、がんばるぞ!

かくして、翌日の早朝。

わたしは、Tシャツの下に、南の島には全く似つかわしくない競泳用の地味で色気のない水着を着込み、顔には白浮きするほど 日焼け止めクリームを塗りたくり、ホテルをチェックアウト。

まだ朝早いというのに、観光客でにぎわう石垣港から竹富島に向かう観光船に乗り、現地に到着。

そして、船をおりて周りを見渡すと、2人乗れば限界と思うほど小さな船の上で、新城さんがこっちに向かって大きく手を振っている。

さて! では、行くか!

・・・続く。

新城さんの島もずく

取材時の写真

取材時の写真

取材日記TOPへ

前の回へ

次の回へ

この取材日記は、メールマガジンに掲載されたものを再編集したものです。
メールマガジンの登録はこちらから
メールマガジン
「セコムの食」人気投票結果発表!
マンスリープレゼント
選べるギフト
人気定番商品
「セコムの食」オリジナル商品
お試しセット
梅特集
カスタマーセンタースタッフがオススメする逸品!
ポイントアップキャンペーン
お米特集
先月の売れているランキング
1位 選べるギフト 旨 選べるギフト 旨
2位 洋食の福袋 洋食の福袋
3位 手造り餃子 (肉・野菜)72個 手造り餃子 (肉・野菜)72個
4位 柑乃雫 Lサイズ 3個 柑乃雫 Lサイズ 3個
5位 佐藤錦 バラ詰め 1kg 佐藤錦 バラ詰め 1kg
6位 海老のチリソース炒め 1パック 【マイセレクト便】 海老のチリソース炒め 1パック 【マイセレクト便】
7位 おうちで揚げない海老カツレツ 10個 おうちで揚げない海老カツレツ 10個

カタログ