セコムの食TOP > 取材日記2017年 > 砂川さんの有機マンゴー

こだわりの食を求めて 取材日記

2017/6/29 砂川さんの有機マンゴー

 マンゴー農家の砂川重信さんは、沖縄県宮古島から11.5kmほど南西に位置する来間島で生まれ、育ちました。 来間島は人口200名に満たない小さな島で、島じゅうが家族のような環境。島民のすべてが農家か漁師。自給自足に近い形で村の暮らしがなされていました。 そんな来間島で育った砂川さんは、真っ黒な顔にどんなときも笑顔を絶やさず、とっても朗らかな方。子供の頃から島の動植物に並々ならぬ関心を持ち、暇さえあれば鳥や虫や草花をつぶさに観察して遊ぶのが大好きな少年だったそうです。

 砂川さんがマンゴーと出会ったのは、30年ほど前。沖縄本島に渡った時に初めて目にしたのが始まりでした。 「なんて甘くて美しい果物なんだろう」。
 すっかり魅了された砂川さんは、それ以来マンゴーのことばかりが頭に浮かんでしまい、とうとうそれまで営んでいた仕事から転身し、マンゴー農家になりました。

頼れるものは何もない

 夢だったマンゴー農家になったのはいいけれど、栽培する農家そのものが少なく、まして当時はまだ宮古島への往来手段が船しかなかった時代。頼る人も情報もない来間島でのマンゴー栽培は戦いの連続でした。
 与える肥料とタイミング、摘果(間引き)の方法、病害虫の対策、何もわからないなか暗中模索のなかでの栽培が続きました。有機栽培に転換してからは、なおさらでした。特に大変だったのは病害虫対策。アルコールに漢方薬に除虫菊。効果があるといわれるものは「もうありとあらゆることをやった」けれど、すべて失敗におわりました。そしてあるとき、一切の対策をやめてしまったのだそうです。すると、驚くことに散々いろんなものを試していたときよりもマンゴーが形よく甘く育つようになり、あるときパッといなくなったのだそう。
 「虫たちは殺そうとすればするほど、生きようとしてしがみついてくるのさー。それが共存できるようにしてからはむやみに暴れることも少なくなっていったよ」
 「強い薬でやっつけようとすればするほど、向こうも強くなっていく。だからそれらを全部やめたのさー」
 マンゴー栽培を始めてから約15年かけてやっとたどり着いたのは、自然との共存。これこそがこの地でおいしいマンゴーを育てるための答えだったのです。

大地と自然と共に生きる

 砂川さんと一緒にマンゴーのハウスのなかを歩いていると、砂川さんがいかにマンゴーの木や虫たちの生態をつぶさに観察しているかがよく分かります。子供の頃の遊びがそのまま仕事になったかのように、ひとつひとつの樹木や実っているマンゴーの状態、虫の気配、小動物の動きなど、驚くほど細かく把握されています。
 虫が発生しても我慢をすればやがて落ち着くので観察しながら黙って待つこと、慌てて薬に頼ってしまうと間違った方向に行ってしまうこと。マンゴーの枝を吊るす糸の高さでマンゴーの甘さが変わること。マンゴーの樹も動物と同じように朝には目を覚まして活動を活発化させること。動植物たちも人間のことをじっと観察していること。砂川さんの話を聞いていると、マンゴーが“生き物”であることを強く実感させられます。そして病害虫とある意味“仲よく”することの大切さもまた肌で感じることができました。

ぽとりと落ちたら完熟の合図

 動物の赤ちゃんが自分の生まれる時期を知っているのと同じように、マンゴーの実は自分が完熟するタイミングで自然と枝から離れます。それを予めかぶせていた白い袋の中でうまくキャッチしたものだけを砂川さんは収穫していきます。
 店頭に並べることを計算して未完熟のまま出荷するマンゴーとは、根本的な甘さの違いがあるのは当然です。
 また、本州や九州のマンゴー栽培ではボイラーを使うところが圧倒的で、宮古島でも使う農家がいるけれど、砂川さんは太陽光のみで育てます。
 「こんなにいい環境で、なんで使う必要がある?ボイラーの熱は自然じゃないから、甘みも自然じゃなくなるのさー」
 そういって朗らかに笑う砂川さんのマンゴーは、ふわりと漂う艶のある南国フルーツ特有の香りと豊潤な甘さが格別!宮古島の自然と砂川さんの愛情に育てられた有機マンゴーには、他にはない豊かさが感じられます。
 少しでも多くの方に砂川さんのマンゴーが届きますよう願っています。

〈取材・文 猪口由美〉
【卵、小麦粉、乳製品不使用】ガトーショコラ 商品のご購入はこちらから!
砂川さんの有機マンゴー 特選品1kg
砂川さんの有機マンゴー 特選品2kg
砂川さんの有機マンゴー 優品1kg
砂川さんの有機マンゴー 優品2kg
砂川さんの有機マンゴー 訳ありお得用 1kg
砂川さんの有機マンゴー 訳ありお得用 2.5kg
砂川さんの有機マンゴー 訳ありお得用 4kg

一つずつ丁寧に袋をかぶせて完熟まで守ります。
砂川さんのマンゴーは完熟になるまで収穫しない。
砂川さんのマンゴーの甘みは太陽からの恵み。厳選したものをお届けします。

取材日記TOPへ

前の回へ

次の回へ

メールマガジン
「セコムの食」人気投票結果発表!
マンスリープレゼント
選べるギフト
人気定番商品
「セコムの食」オリジナル商品
お試しセット
梅特集
カスタマーセンタースタッフがオススメする逸品!
ポイントアップキャンペーン
お米特集
先月の売れているランキング
1位 選べるギフト 彩 選べるギフト 彩
2位 選べるギフト 旨 選べるギフト 旨
3位 選べるギフト 極 選べるギフト 極
4位 「セコムの食」夏の美味詰め合わせ 【7月お届け】 「セコムの食」夏の美味詰め合わせ 【7月お届け】
5位 柑乃雫 Mサイズ 5個 柑乃雫 Mサイズ 5個
6位 泉州の水なす糠漬け 6袋 泉州の水なす糠漬け 6袋
7位 佐藤錦 バラ詰め 600g 佐藤錦 バラ詰め 600g

カタログ