セコムの食
「安全」「安心」のセコムが選んだ全国各地の美味をお届け 閉じる
トップページ
出発
パリからシャンパーニュに移動
ジャン・ラルマン(1)
ジャン・ラルマン(2)
シャンパーニュとボーヌの街
ドメーヌ フィリップナデフ (1)
ドメーヌ フィリップナデフ (2)
ドメーヌ シャンドン・ドゥ・ブリアイユ
アンヌ・フランソワーズ・グロ
ある日のランチ(1)
ドメーヌ・ベルトー
シャヴィー・シュエ
ある日のランチ(2)
マルク・ジャンボン(1)
マルク・ジャンボン(2)
樽工場
フランス取材日記
ドメーヌ フィリップナデフ その2
ドメーヌ フィリップナデフ

星付きと変わらぬ味わいの地元レストラン

 そして、今日はわざわざ日本から訪ねてきたわたしたちのために、この村で一番美味しいというレストランでランチをご馳走になることに。こぢんまりとして愛らしく、地元の人々に愛されている様子が伝わってくるお店の入り口には、今週のワイン、と書かれたところにナデフのワインが置いてある。お店の方のあたたかい気遣い。
店の一番奥にリザーブされた7席に各自座り、とても幸せなランチの始まり。ワインはナデフが持ち込んだ赤、白合わせて6本のワイン。そしてお料理はブルゴーニュならではの地方料理が次々に運ばれてくる。シャンボンペルシエ(豚のテリーヌ、ゼリー寄せ)に始まり、ウッフムレット(落とし卵の赤ワインソース)、鶉のロティ・フォアグラ詰め赤ワインソース、そして山ほどのチーズとほっぺたが落ちそうな甘いデザート。
 ナデフは、蔵でわたしたちが美味しいといった白ワインのサントネの1992年ヴィンテージを開けてくれた。熟成を重ねたサントネは、蔵で飲んだものよりもより一層とろりとしたうまみを蓄え円熟している。至福のときというのはこういう場合に使うのでありましょうな。

ヴォギュエ仕込みの職人肌

 ランチでも、このときを逃さないぞとばかりに、いろんな質問を投げかけてみた。ナデフは、自分の蔵をを持つ前に、約5年間コント・ジョルジュ・ドゥ・ヴォギュエという有名なドメーヌで修行をしていた。ヴォギュエといえば、ワイン好きに高い評価を受けているドメーヌで、ワイン作りに対する姿勢も味わいもとても高い水準を誇っている蔵。ヴォギュエで働いている人たちは、みんな真面目で一切の手抜きをしない職人ばかりだったのだそうで、そこで修行できたことは、その後のナデフのワイン作りにおいて大きな財産となったと話す。
 ちなみに、修行先にヴォギュエを選んだ理由については、たまたま修行先を探しているところに、友人からヴォギュエが人を探しているらしいという話をきき、連絡をとって3ヵ月の試用期間を経たあとに、その仕事ぶりが評価され、正式に採用されたのだそう。ラッキーでしたね、というと、ほんとにラッキーだったよ、とにっこり笑ってくれた。

実直そのもののナデフ

 また、ぶどう作りにおいてどの作業が一番大変かと問うと、選定の作業だという。「なぜなら、ぶどうの木は一つとして同じものがないから。わたしは自然と共に働きたいと常日頃から考えている、これからもワインと共に生きていくよ」。そして「僕のワインについて何か思うことがあったら、いつでもなんなりと言ってほしい。それが僕に対する親切だ。」自然とワインを心から愛しているナデフのワインは、生命力あふれる実直な味わいなのであります。


→取材日記「ドメーヌ シャンドン・ドゥ・ブリアイユ」へ