贈答品のしきたりとマナー

  • 贈答品のしきたりとマナートップ
  • 冠(人生節目のお祝い・ご挨拶)
  • 婚(婚約・結婚祝い・内祝い)
  • 葬(香典・香典返し・法事)
  • 祭(お中元・お歳暮・年中行事)

昇格・栄転祝い

  • ちょっとした手土産に
  • 贈り物におすすめ

昇格・栄転祝い

◆上司の場合
上司の栄転・昇進のお祝いは、同じ部署の部下が幹事をし、部内で宴席を設けるのが一般的です。お祝いの品や花束などを贈る場合は、部署全員からまとめて贈ります。基本的に昇格・栄転の場合の、お祝いは、現金が一番ですが、現金を贈るのは目上の人には失礼になりますから、商品券やギフト券にするとよいでしょう。

◆同僚や後輩の場合
同僚や後輩の栄転祝い・昇進祝いは、仲間うちでお祝いするのが一般的ですが、職場に慣例があればそれに従いましょう。昇進や栄転には個人差がありますから、同期の人の心情もおもんばかって、お祝いの会は派手にならないようにしましょう。

お祝いの品を贈る場合は、ベルト・ネクタイ・名刺入れ、手帳など、仕事関連の物や本人の趣味に関連した物などが喜ばれます。

贈答のポイント
贈る時期 金額の目安
贈りものは、祝賀会の席場で渡すのが一般的です。お祝い会を開かない場合は、辞令が出てから着任までの間に、なるべく早く渡します。 3,000〜30,000円
水引 表書き
紅白か金銀蝶結び・のしつき 栄転祝いの場合
「祝御栄転」 「御栄転御祝」「御祝」
昇進祝いの場合
「祝御昇進」 「御昇進御祝」「御就任御祝」「御祝」など
お返し ワンポイントアドバイス
通常、昇進祝いの「お返し」は、必要ありません。栄転で贈り物や餞別をいただいた場合には、着任後の挨拶を兼ねて「お返し」 を贈ります。以前所属していた職場に贈る場合は、着任地の特産品などが一般的です。あて先は、個人宛ではなく職場宛にし、お世話になった「お礼」として届け、礼状も添えるようにしましょう。 明らかに栄転の場合は、「祝御栄転」ですが、微妙な場合は、「御餞別(おせんべつ)」「御贐(おはなむけ)」とする方が無難です。
熨斗

※写真は一例です。
地域や世代によって変わることがあります。

ご紹介しているマナーやしきたりは、お住いの地域や習慣、当人どうしの間柄などによって異なることがありますので、ご了承ください。
昇格・栄転祝いの人気商品
選べるギフト ご予算に合わせた14コース!

ギフト商品は全て「セコムの食」スタッフ自らが現地まで足を運び、生産者の方に直接会い、ご提供していただいた逸品ばかりです。
生産者が丹精込めて作った自慢の品々の中から先様が選んだ「お好きな商品」を「ご希望の日」に「ご希望の場所」へお届けいたします。贈り物はもちろん、お祝いごとや記念品・景品にいつでも使えるギフトです。
「セコムの食」では、贈り先様が安心して商品を選んでいただけるように、「選べるギフト」カタログに掲載のすべての商品に原材料を明記しております。

選べるギフト ご予算に合わせた14コース!
鯛の塩釜

塩釜は、とれたての真鯛をミネラル豊富な天然海塩でたっぷりと包みじっくりと焼き上げた豪快な一品です。主役の真鯛は愛媛県由良半島沖で育てた1kg以上のものを丁寧に下ごしらえをし、天然海塩で包み専用オーブンでじっくり焼き上げます。出来上がった塩釜は周りの塩によってしっかりと身が締められ、脂分が程良くぬけて、鯛本来のうまみが凝縮した味わい。付属の木槌で周りの塩を砕き、そのまま召し上がっていただくのもよし、電子レンジやオーブンなどで温め直しお好みによりぽん酢やレモン等をかけると、よりいっそう美味しくいただけます。おめでたい席での演出にも一役かってくれる、贅沢で嬉しい一品です。

鯛の塩釜
選べるギフト
マンスリープレゼント