贈答品のしきたりとマナー

  • 贈答品のしきたりとマナートップ
  • 冠(人生節目のお祝い・ご挨拶)
  • 婚(婚約・結婚祝い・内祝い)
  • 葬(香典・香典返し・法事)
  • 祭(お中元・お歳暮・年中行事)

結婚祝い

  • ちょっとした手土産に
  • 贈り物におすすめ

結婚祝い

結婚式・披露宴の招待状を受け取ったら、できるだけ早く出欠の返事を出すようにしましょう。余白にお祝いのメッセージを書き添えると気持ちが伝わります。

結婚祝いは、品物でも現金でもかまいません。本来は、式の前に自宅に持参するのが正式ですが、現在では結婚祝いに現金を贈る場合、媒酌人やごく親しい関係の人を除いて、結婚・披露宴の当日に持参するのが一般的です。

お祝い金は、紅白または金銀結び切りの水引のついたのし袋に入れ、表書きは、「寿」または「御祝」とし、袱紗(ふくさ)や小さめのふろしきに包んで持参しましょう。

本来、金額の目安となるものはありませんが、「披露宴の食事代+お祝いの気持ち」と考えることが一般的です。20代の場合、友人や同僚の結婚では、20,000〜30,000円が相場です。職場の部下に対しては、多めに包むことが多いようです。

夫婦2人で出席する場合は、お祝いは2人分包みます。1人20,000円の予算であれば、40,000円になりますが、4は避けたい数字なので、30,000円か50,000円にします。30,000円では少ない思いがする場合は、事前に10,000円程度の品を贈っておくとよいでしょう。

会費制パーティに出席する場合は、出席すること自体がお祝いですから、会費以外のお祝いを持参する必要はありません。それでも別にお祝いをしたいというときは、後日新居に贈りましょう。

結婚祝いのタブー

「未来を切り開く」という意味で、刃物も受け入れられるようになってきましたが、一般的には、「縁切り」を連想させるはさみやナイフ、包丁などの刃物、「壊れる」陶器やガラス器、加鏡、「喪」に通じる黒い色のものは、贈りものに適さないとされています。

贈答のポイント
贈る時期 金額の目安
披露宴に招待された場合は式の1週間前までに披露宴に招待されていない場合は結婚の報告を聞いてから贈ります。 披露宴に招待された場合は、披露宴の食事代+お祝いの気持ちを、披露宴に招待されていない場合は、5,000〜10,000円程度のものを贈りましょう。
水引 表書き
紅白または金銀結び切りの水引のついたのし袋
※必ず袱紗か風呂敷に入れます。
「寿」「御祝」「御結婚祝」
お返し ワンポイントアドバイス
贈られたものの半額程度を目安に、内祝いの品を贈ります。 豪華なのし袋に少額のお金を入れるのはマナー違反です。入れる金額に見合ったのし袋を選ぶようにしましょう。
熨斗

※写真は一例です。
地域や世代によって変わることがあります。

ご紹介しているマナーやしきたりは、お住いの地域や習慣、当人どうしの間柄などによって異なることがありますので、ご了承ください。
結婚祝いの人気商品
選べるギフト ご予算に合わせた14コース!

ギフト商品は全て「セコムの食」スタッフ自らが現地まで足を運び、生産者の方に直接会い、ご提供していただいた逸品ばかりです。
生産者が丹精込めて作った自慢の品々の中から先様が選んだ「お好きな商品」を「ご希望の日」に「ご希望の場所」へお届けいたします。贈り物はもちろん、お祝いごとや記念品・景品にいつでも使えるギフトです。
「セコムの食」では、贈り先様が安心して商品を選んでいただけるように、「選べるギフト」カタログに掲載のすべての商品に原材料を明記しております。

選べるギフト ご予算に合わせた14コース!
バウムクーヘン

大隅稔雄さんは、ドイツハンブルグで本格的なドイツ菓子作りを学び帰国後、甲子園にドイツ菓子専門店を構えました。本場の伝統的な製法をそのまま再現した菓子の数々は、日本在住のドイツ人を中心に高い評価を得て、30年にわたり愛され続けてきました。このバウムクーヘンは、大隅さんの菓子職人としての集大成ともいうべきもの。国内でも数少ないバウムクーヘン専用のオーブンを導入し、高低差のあるバウムクーヘン本来の型で焼いています。幾層にも重ねられた山形の部分の香ばしさと谷形のしっとりした食感に、ドイツ伝統の技を感じます。スタンダードは、親しみをもってドイツ菓子を召し上がっていただけるようにと仕上げたものです。

バウムクーヘン
選べるギフト
マンスリープレゼント