贈答品のしきたりとマナー

  • 贈答品のしきたりとマナートップ
  • 冠(人生節目のお祝い・ご挨拶)
  • 婚(婚約・結婚祝い・内祝い)
  • 葬(香典・香典返し・法事)
  • 祭(お中元・お歳暮・年中行事)

結納・婚約

  • ちょっとした手土産に
  • 贈り物におすすめ

結納・婚約

結納は、「結婚の約束」を公にするために行う、伝統的なスタイルの儀式です。結婚の約束をした証として、両家の間で金品を取り交わし、婚約を確かなものにします。その後、二人の婚約を祝って両家で祝膳を囲むのが一般的です。

結納品には、円満・長寿・子宝など繁栄を意味する縁起物7品に、目録と金包(結納金)を加えた9品が正式とされています。地方によっては、結納品の内容明細を書いた目録を数に加えるところと加えないところがあります。

結納の品
名称 読み方 説明
目録 もくろく 結納品とその数を記したもの。
長熨斗 ながのし のしあわびのことで、もともとはあわびを薄く伸ばした物で、長く伸ばすので長寿を表します。
金包 きんぽう 結納金のことで、「御帯料」「小袖料」ともいいます。結納返しは、「御袴料」になります。
末広 すえひろ 白いせんすのことで、末広がりで家内繁栄を表しています。
友志良賀 ともしらが 白い麻糸の束のことで、夫婦ともに白髪になるまで添い遂げるようにという長寿の願いと、麻糸のように強い絆で結ばれるようにという願いが込められています。 
子生婦 こんぶ 昆布のことで、よろこぶと子孫繁栄を意味しています。
寿留女 するめ するめイカの干物のことで、日持ちがすることから、幾久しく幸せが続くご縁になるようにという意味です。
勝男武士 かつおぶし 鰹節のことで、主に関東地域で逞しい男性の象徴として背節と腹節を一対にして贈る品です。
家内喜多留 やなぎだる 清酒のことで、家内円満を示し、多くの場合現金を包みます。

最近では、3品目、5品目、7品目の結納品で、ホテルやレストランで食事会をかねた「略式結納」が主流になってきているようです。

贈答のポイント
贈る時期 金額の目安
挙式の3〜6ヵ月前の大安などの吉日を選ぶのが一般的です。 結納金は、50万円、70万円、100万円など、上ひとケタを奇数の金額にすることが多いようです。
お返し ワンポイントアドバイス
結納返しは、結納金の半額が一般的ですが、関西では1割程度と地方によってやり方が違います。 結納式の行い方は、地方によってさまざまです。両家(特に地域の異なる者どうしの結婚の場合)でよく話し合う必要があります。
ご紹介しているマナーやしきたりは、お住いの地域や習慣、当人どうしの間柄などによって異なることがありますので、ご了承ください。
結納返し

結納返しは、頂いた結納に対してのお返しです。いただいた結納金の半額を「袴料」として納めますが、現金に限らず品物でもかまいません。品物の場合は、洋服、ネクタイ、カフスボタン、時計などが一般的ですが、そのほかに記念になるものや、結婚後の新生活に役立つ品物を選ぶことも多いようです。関西では結納返しはしないのが一般的です。

結納の時の手土産と引き出物

女性宅に結納式にうかがうときには手土産を、迎える女性宅では結納式を終えたあとに渡す引き出物を用意します。

手土産には、清酒や菓子折りがよいでしょう。その際、のし紙は結び切り、表書きは「寿」とします。ご先祖様へのご挨拶として、お線香も持参しましょう。

引き出物には、5,000〜10,000円の範囲で、季節の果物や地域のお菓子などを用意するのが一般的です。中部地方などでは、鰹節、砂糖、赤飯を用意するところもあります。地域によってさまざまですから、その土地の慣習に従いましょう。

結納・婚約の人気商品
選べるギフト ご予算に合わせた14コース!

ギフト商品は全て「セコムの食」スタッフ自らが現地まで足を運び、生産者の方に直接会い、ご提供していただいた逸品ばかりです。
生産者が丹精込めて作った自慢の品々の中から先様が選んだ「お好きな商品」を「ご希望の日」に「ご希望の場所」へお届けいたします。贈り物はもちろん、お祝いごとや記念品・景品にいつでも使えるギフトです。
「セコムの食」では、贈り先様が安心して商品を選んでいただけるように、「選べるギフト」カタログに掲載のすべての商品に原材料を明記しております。

選べるギフト ご予算に合わせた14コース!
鯛の塩釜

塩釜は、真鯛を1尾丸ごと塩で包みじっくりと蒸し焼きにした、豪快な一品です。
主役の真鯛は愛媛県由良半島で育ったものを使用。ウロコやワタなどを丁寧に取り除いた鯛を、同じ四国で採れた海塩で厚く包み、専用のオーブンでじっくりと蒸しあげました。出来上がった塩釜は、周りの塩によってしっかりと身が締められ、程よく脂分が落ち、真鯛の旨みが凝縮した味わいです。
塩で包まれたままの姿でお届けいたしますので、付属の木槌で塩の塊をトントンと割る楽しみも味わえます。そのままいただくのはもちろん、電子レンジで温めたりポン酢をかけてもおいしくお召し上がりいただけます。
おめでたい席での演出にも一役買ってくれそうな嬉しいご馳走です。

鯛の塩釜
選べるギフト
マンスリープレゼント