贈答品のしきたりとマナー

  • 贈答品のしきたりとマナートップ
  • 冠(人生節目のお祝い・ご挨拶)
  • 婚(婚約・結婚祝い・内祝い)
  • 葬(香典・香典返し・法事)
  • 祭(お中元・お歳暮・年中行事)

香典と香典返し

  • 贈り物におすすめ
  • 香典返し・法事の引き出物に

香典

香典は、通夜か告別式のいずれかに参列する時に袱紗(ふくさ)に包んで持参します。告別式では受付で差し出しますが、通夜の場合など受付が用意されていなければ拝礼のときに霊前に備えるか遺族に手渡すようにしましょう。

香典の金額に決まりはなく、故人や喪家との関係、包む側の社会的地位、その地方の慣例によって異なります。一般的には、故人が一家の主や配偶者の場合は、多めの金額を包む傾向にあるようです。

不祝儀袋の表書き
名称 説明
仏教 「御香典」「御香料」
神式 「御玉串料」「御榊料」
キリスト教式 「お花料」

相手の宗教がわからないときは、各宗教に通用する書き方として「御霊前」とします。ただし、「御霊前」でも不祝儀袋に蓮の絵柄が印刷されているものは、仏式以外には使わないので注意しましょう。

贈答のポイント
贈る時期 金額の目安
通夜、告別式のいずれかに参列するときに持参します。 友人、隣近所、勤務先関係 5,000円
親しい間柄の友人・知人・親戚 10,000円
水引 表書き
宗教に合わせた不祝儀袋、黒白か双銀の結び切り。 仏教 「御香典」「御香料」
神式 「御玉串料」「御榊料」
キリスト教式 「お花料」
先方の宗教がわからないときは、各宗教に通用する「御霊前」とするのが一般的です。
お返し ワンポイントアドバイス
「香典返し」としてお返しします。 遠方に住んでいる場合など、通夜にも告別式にも参列できない場合は、できるだけ早く香典を郵送しましょう。
熨斗

※写真は一例です。
地域や世代によって変わることがあります。

ご紹介しているマナーやしきたりは、お住いの地域や習慣、当人どうしの間柄などによって異なることがありますので、ご了承ください。

香典返し

本来香典へのお返しは必要ないものですが、現在は香典返しをするのが一般的になっています。仏式では、通常35日か49日の忌明けを迎えたころ、神式では、50日祭(亡くなって50日目)の忌明けを迎えたころに贈ります。もともと香典や香典返しの習慣のないキリスト教では、仏式や神式にならって、「お花料」をいただいた人には、死去1ヵ月後の昇(召)天記念日や記念式に、記念の品を贈ることが通例となっています。

香返しは、いただいた金額の3〜5割相当の品物を贈ることが一般的です。人によって香典の額には開きがありますが、いただいた金額にあわせて品物を選ぶ場合もあれば、金額に関係なく一律のものを贈る場合もあります。品物は、あとまで残らないものが一般的でしたが、最近では多様化しています。ギフトカタログ・商品券やお茶、海苔、タオル、シーツ、毛布、せっけん、陶器、漆器などがよく使われるようです。

香典返しのかけ紙
名称 説明
仏式 黒白かグレーの結び切りの水引を印刷したものに、表書きは、「志」「忌明志」が一般的です。関西では、黄白の水引に「満中陰志」とすることもあります。
神式 銀一色または黒白の結び切りの水引に「志」「偲草」「しのび草」とします。
キリスト教 「昇天記念」(カトリック)、「召天記念」(プロテスタント)のほか、「感謝」「志」なども使われます。

香典返しには、会葬のお礼と忌が明けたことを報告する挨拶状を添えて送りますが、不祝儀袋同様、挨拶状も宗教に合わせた文面にしましょう。

香典返しの人気商品
選べるギフト ご予算に合わせた14コース!

ギフト商品は全て「セコムの食」スタッフ自らが現地まで足を運び、生産者の方に直接会い、ご提供していただいた逸品ばかりです。
生産者が丹精込めて作った自慢の品々の中から先様が選んだ「お好きな商品」を「ご希望の日」に「ご希望の場所」へお届けいたします。贈り物はもちろん、お祝いごとや記念品・景品にいつでも使えるギフトです。
「セコムの食」では、贈り先様が安心して商品を選んでいただけるように、「選べるギフト」カタログに掲載のすべての商品に原材料を明記しております。

選べるギフト ご予算に合わせた14コース!
入江さんの八女茶

25年以上にわたり、無農薬・無化学肥料で手入れした土は、驚くほどしっとりと保水力に満ち、枝木から芽を出す茶葉は、活力に満ちています。この茶葉で作った緑茶は、急須の中でゆっくり膨らみほがらかな香りが広がります。

入江さんの八女茶
選べるギフト
マンスリープレゼント